>>汗止め帯は終了いたしました。<<

脇汗 抑える便利アイテム

汗、自分で止められるものなら止めたいという気持ちになるとき、ありませんか?

だらだらと流れる大汗は、メイクの崩れ、汗染み、ワキしたの汗、黒いシャツに塩をふくほど。汗を大量にかく人、体質とはいえつらいですよね。

着替えを持って通勤できないし、外回りの日は、最悪です。

暑さだけでなく、人前に出ると緊張して、いやな汗が出るという人もいます。

汗くさいにおいも気になります。

そんな汗かきさんに朗報です。汗止め帯は、ゴムの細めのベルトのような形態をしていて、これをわきから回して、胸の上のあたりにとめるだけ。これで発汗が抑えられます。

汗止め帯は、舞妓さんのきものからヒントを得て作られました。

舞妓さんは、猛暑の京都の町を歩いていても、汗をかきません。

お座敷にあがって、舞いを踊っても、お化粧はくずれないどころか、汗のひとつもかかない。その理由は、きつめに上の位置で止められている帯にあるんです。

汗止め帯(あせとめたい)わき汗対策

舞妓さんのきものは、ふつうの着付けと違って、上の方に帯をきつめに巻いているのがポイントです。

この帯の位置で、発汗を抑え、どんな時でも涼しげな顔でいられるわけです。

舞妓さん、ショーパフォーマンスをするダンサー、真夏に真冬ものの撮影を強いられるモデルさんなど、プロの人たちの間で、ひそかなお役立ちアイテムとして喜ばれていた、コアなアイテムです。

ちょっとした工夫で、リハーサルあとの汗の処理を気にせず本番にのぞめるとか、せっかくの新作のジャケットやコートに、汗染みをつくらなくて済むなど、うれしい声があがっています。

ベルト自体はとてもシンプルなもの。つけかたも簡単で、くるくるまるめてしまえば、小さくまとまってしまって、どこへでも持ち歩けます。

汗が出て困りそうなときにつかって、それ以外の時ははずして持ち歩くこともできるから、気軽にためせていいです。

汗っかきさんに快適な一日を。秘密のアイテムで、さわやかに過ごしてください。おすすめです。

皮膚圧発汗・反射の作用を応用した人気の脇汗・顔汗対策バンド

ムシムシとするこの季節。

会社の行き帰りのちょっとした時間だけでも汗がだらだらと出てきてとっても不快ですよね・・・

特に女性が気になるのは、ワキに汗ジミができちゃって電車に乗ってるときにつり革をつかむことができない〜!

なんて方も多いですよね?!

なんだか清潔感が無い感じに見えちゃいますし、匂いだって気になっちゃう!

汗のせいでせっかくのお化粧も崩れちゃうし、髪型だって乱れちゃって・・・

そんな夏場の困ってしまう汗に画期的な対策アイテムがあるんです!

それは日本の伝統文化である舞妓さんたちが汗をかかないために工夫してきたことからヒントに生み出されたもの。

それが・・・【汗止め帯】!

舞妓さんたちは、踊りなどで汗をかかないようにする工夫として、帯を胸の高さぐらいでしめます。

こうすることで帯から上の部分、脇や顔に汗が出にくくなるんです。

ワキや顔など上半身でなく、下半身など他の部位で発汗を促す画期的な方法

この原理は、人間の「皮膚圧発汗・反射の原理」というもので、「あるカラダの部位で汗をかきにくくなると、別の部分で汗をかくようになる」という反射機能が備わっていることを応用したもの。

こんなヒトのカラダの生理現象を利用して顔やワキからの汗をかきにくくした【汗止め帯】♪

細い帯でワンタッチでつけられるから忙しい朝でもたった3秒でつけられちゃうほどのカンタン装着!

巻尺のようにグルグルと巻けば、たった5cm程度のコンパクトにまとまっちゃうから持ち運びにも邪魔にならずに便利なんです!

こんなカンタンアイテムで驚くほどに汗が出ない!

だからもう噴出す汗でお化粧崩れも髪型崩れを気にする必要なし!

ワキの汗の汗ジミだって気にならないから、堂々とつり革をつかめる!

汗の匂いだって気にする必要なし^^

頼りないビジュアルだけどすごい効果の【汗止め帯】!

デオドラントや制汗剤に頼らなくてももうOK。

このアイテム、一度つかったらやめられませんよ^^

  
  • 性病検査STDチェッカー ・・・自宅で簡単にエイズやクラミジアのSTD性病検査のチェックをすることができます。
  • 超濃厚コラーゲン ・・・年齢とともに減少するコラーゲンを補給してシワや豊麗線対策になります。